FXを始めるために知っておこう

マージンコールとロスカットについて解説しています

FXでは、急激な為替変動やレバレッジ効果によるリスク拡大など、大きく損失を被るリスクがあります。

しかし、損失を拡大させない仕組みもFXには備わっています。

FX取扱会社には、顧客が預けた担保に当たる証拠金以上の損失を出さないために、「マージンコール」と「ロスカット」という仕組みがあります。

為替変動で評価損が発生して、証拠金の残高が定められた割合を下回った場合に、警告が出るようになっています。これをマージンコールといいます。

マージンコールが出た場合、預けている証拠金では担保能力が不足することになるので、口座へ追加証拠金を入金するか、取引を決済するかの対応をすることになります。

ロスカットは、マージンコールが出ても決済をせず、取引を続けて評価損がさらに増えてしまったときに設けられているものです。自動ロスカット、強制ストップロスともいわれます。

ロスカットになると、有無を言うことなく自動的に損切りとなります。強制的な取引ストップです。ストップすることで、損失がこれ以上大きくなることを防ぐのです。

このマージンコールとロスカットの仕組みは、FX取扱会社によっても違っています。

マージンコールは証拠金に対しての損失の割合が50%、ロスカットは20%を下回った場合としている会社が多いようですが、この割合を自分で設定できる取扱会社もあります。

背中ニキビとストレスなどによる体内原因/,背中ニキビとストレスなどによる体内原因]