FXを始めるために知っておこう

FXの注文方法「指値注文」

FXの注文方法は、成行注文、指値注文、逆指値注文という3つの方法があります。

これらの方法は、株式投資の定番の注文方法と同じですので、株式投資をしている人なら知っているはずです。

この3つの方法の中の「指値注文」についてご説明しましょう。

指値注文は、自分が買いたい、売りたいという希望のレートを、あらかじめ指定します。

為替は常に変動していますので、自分が取引したいというレートにいつなるのかわかりません。今より低いレートで買いたい、もっと高いレートで売りたい、というときに、先に注文を入れておき、レートが希望する額に達した場合に、自動的に約定するという方法です。

常に為替のレートをチェックしておかなくてよいので、忙しいけど投資したいという人には便利です。

ただし、指値注文はレートが希望額にならなければ約定はしませんので、取引が成立しないこともあります。

指値注文する場合は、注文時点のレートに近い範囲で指定することで、約定の確立が高まります。

また、指値注文は保有しているポジションの利益を確定するためにも活用できます。

買いポジションのときに、上昇トレンドに乗った場合に利益が確定するよう、希望レートで指値注文を入れておくことができます。これを、「リミット注文」と呼んでいます。