FXを始めるために知っておこう

FXはいつどこで取引できるか

FXは基本的に、24時間いつでもリアルタイムで取引ができます。

各国の通貨は、「外国為替市場」で取引されています。

市場というと、株式のような取引所があると思うかもしれませんが、外国為替市場は取引所はなく、各都市にある銀行間で行われる1対1の通貨取引のことを「市場」と言っています。

このような市場のことを、インターバンク市場と呼んでいます。

インターバンク市場は管理する機構がないために、自由な市場となっています。取引時間も特に決まっていないため、24時間眠らない市場といわれています。

土日祝日は取引はありませんが、24時間世界のどこかで取引が行われています。

そうはいっても、個人投資家がFX取引を行う場合は、インターバンク市場に参加するのではありません。個人でFXの取引をする場合は、FX取引専門会社やFX取引のできる証券会社などを相手に、FXを行うのです。

FX取引会社の為替レートは、インターバンク市場の為替レートを元にしていますが、そのレートをそのまま顧客に提供することはありません。当然のことですが、FX取引会社の利益が若干上乗せされたレートとなっているのです。ですから、FX取引会社によって、レートは違っています。

FXの取引は、パソコンか携帯で行うのが一般的です。取引も口座管理も、パソコンと携帯のどちらでもできるようになっています。