FXを始めるために知っておこう

少額でスタートできる会社を選ぶ

これから初めてFXを始めようかという人には、まず初めに決めないといけないことがたくさんありますが、いざ始めるときに元手資金をFX取引会社に預けることになります。

投資は、余裕資金で行うことが基本です。トレードの内容によっては、大きな損失が生じることもあるからです。

初心者や慎重派の人であれば、元手資金を少額でやりたいと思っている人もいるはずです。そんな人には、少額でも取引ができる会社を選ぶとよいでしょう。

少額でも取引ができる会社を選ぶときには、「最低証拠金」と「取引通貨単位」をチェックします。

FXは元手である証拠金を口座に入金して、証拠金にレバレッジをかけて取引を行います。この証拠金は、取引を始めるために最低限必要な金額です。この額が、「最低証拠金」です。他に、最低保障金額、維持保証金、有効証拠金率などとも呼ばれます。

口座に最低証拠金を下回る金額しかないときには、取引は行えないことになります。

最低証拠金はFX取引会社によって異なっていて、取引数量に対して一定割合の場合と、定額の料金を定めている場合とがあります。

「取引通貨単位」とは、取引できる外貨の数量のことです。「取引単位は1万通貨単位」であれば、米ドルは1万米ドル以上での取引となります。

FX取引会社では、、取引通貨単位を1万通貨単位と定めている会社がほとんどです。

中には、1,000通貨単位での取引ができるFX取引会社もありますので、できるだけ少額で投資したいという人は、このような会社を選ぶとよいでしょう。