FXとは

FXとは、「Foreign Exchange(外国為替)」の略称です。一般的に、「外国為替証拠金取引」という、外貨投資商品のことをいいます。

 

FXは近年、大変人気が高まって、よく耳にしている人も多いはずですが、知らない人にはまったくわからないものですよね。

 

他の商品などで投資をやっている人なら入りやすいかもしれませんが、投資なんてしたこともない人には難しいですよね。

 

でも、これだけ人気が高まっていることには理由があります。

 

外貨投資商品には、外貨預金、外貨MMF、外貨建て債券などいろいろありますが、FXはこれらとはまったく違った性質のものです。

 

外貨預金、外貨MMF、外貨建て債券は、外貨建ての預金、MMF、債券で、これらで投資する場合は、基本的に円を売って外貨を購入したうえで、投資することになります。

 

しかし、FXは通貨そのものを売買します。円を売って米ドルを買う、ユーロを買うというように、異なる通貨の一方を売って、もう一方を買うという取引を行います。

 

外貨を購入する必要がないということは、その面倒がなくなり、円高でも為替差損を考えることなく、始められるというメリットがあります。

 

FXは、「証拠金」という担保をFX取扱会社に預けておけば、自由に取引が行えます。少額資金で取引ができ、為替手数料などのコストも割安で、24時間いつでも売買できるなど、手軽に投資ができることは大きなメリットでしょう。


FXにはどれくらいの元手が必要?

FXをこれから始めようという人にとって、最初にどれくらい元手を用意したらよいのかわからない、という人もいると思います。

 

FXは少ない元手でも大きな利益が狙える、といわれますが、どれくらいが必要なのでしょうか?

 

FX取引を始めるために、FX取扱会社に口座を開設したら、そこに証拠金を預け入れます。この資金はFX取扱会社によって異なり、口座開設時に必要となる「初回最低入金額」「初回最低預かり証拠金」や、取引開始時に必要な「最低証拠金」「維持保証金」「有効証拠金率」などと呼ばれるものがあります。

 

FX投資は、売買手数料などのコストは抑えられていて、無料という会社がほとんどです。手数料が有料であっても、片道100円〜500円程度です。

 

FX取引会社では最低取引単位が1万通貨単位というのが一般的です。その場合の必要な証拠金額は、「1万通貨単位ごとに2万円」や「1000通貨単位ごとに500円」、または「取引額の5%」というように決められています。会社によっては、自由に設定できるところもあります。

 

少額の証拠金でもレバレッジを利かせて大きな利益を得られるのが、FXの魅力です。しかし、必要以上にレバレッジを利かせると、損失の可能性も高くなります。

 

元手がどれだけ必要かは、その人の投資スタンスに左右されるといえるでしょう。